ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君を探して

1.オレ様、登場。
最初のメール

それは突然のメールだった。

<おーい。オレが誰だかわかる?
いつもオマエのことを見ています。
……って言っても、ストーカーじゃないから、深月が本当に嫌がることはしない。
だから安心して。
オレは、ただ、好きな奴と話したいだけだから。
じゃあ、これからよろしく>

朝ご飯を食べていたら、こんなメールが届いた。

「……?」

発信者は“オレ”。

……全然心当たりがないんだけど。

そう思ったとき、すぐに着信拒否すればよかったんだ。

だけど、私はそうしなかった。

それは、いやな感じがしなかったから。

なんていうか、親しみがあって、害がなさそうな……そんな気がしたから。

普通に考えたら「オマエを見てる」なんて気持ち悪いんだけど。


私はパンを食べながら、もう片方の手で携帯のボタンを押す。

<誰? なんで私の携帯知ってるの?>

送信。



< 1/ 308 >