ケータイ小説 野いちご

雨をあびるアジサイ

。●4:疑惑の電話



「ふうっ。調子が狂ったな」


車に乗りこんだはいいものの、どうにも会話が途切れて、デートという雰囲気ではなくなっていた。


「ううん。そんなことないよ」


「……そっか?」


「うん。平気」


美里はそういったが、心ここにあらずのような表情。


このまま続けても、きっとデートは楽しめないだろうと思い、ぼくはハンドルを切り返して、自分のマンションへ向かうことにした。

< 76/ 200 >