ケータイ小説 野いちご

雨をあびるアジサイ

。●3:イースペース



「――き? 樹?」


回想をさえぎるように、隣で声がする。


「ふえ?」


とっさに口から出たのは、すっとんきょうな声だった。


「運転中にぼうっとして。危ないじゃない」


「あ、ああ。ごめん。ぼうっとはしてないんだけど」


「……考えごと?」


「あっ……いや、なんでもない」

< 53/ 200 >