ケータイ小説 野いちご

雨をあびるアジサイ

。●6:勇気を出せ





「こんなことって……なんでだよ!!」




こぶしを握った両手で、やり場のない気持ちをガシャンとガラスのテーブルにぶつけた。



――ガシャアァァァン!!


ピンクと黒のカップが宙に浮いて転げ落ち、飲みかけの冷めたコーヒーが一面無造作に飛び散る。


< 116/ 200 >