ケータイ小説 野いちご

それは恋と呼べるのだろうか?

何も出来ないけど俺が居る

「そぉだったのか。」

「うん。」


「だから、お母さんにも
おばあちゃんすら言えないんだ。」


「おばあちゃんも一緒に住んでるから。」


「そんな話をして、お母さんの話も出てしまった

時に万が一にでも、

お父さんに聞かれたら

大変だから。」


俺は幽霊だ。


未架にしてやれる事は


こうして、話を聴いてやる事だけ。











< 21/ 45 >