ケータイ小説 野いちご

好きと言えない。―悪魔と恋―【完】

悪魔と両親




まさか。

我が家でヤるなんて。

まさか。

苛立つまでヤキモチを妬いてくれるなんて。

2人で服を着せ合いながら、またキスをした。



「お前。俺に襲わせて楽しいか?」



「つまらなくはないよっ」



歩斗のワイシャツのボタンを留めて立ち上がった。

ワイシャツと下着だけで立ち上がり、スカートを穿くと、「俺が大好きなんだもんな」と、聞こえた。



「え?」



大好きだけど。

何か、聞き覚えがある。



「俺はお前が泣いただけで、ここまで追い掛けて来るほど優しくはねぇな」



脱ぎ捨てたスラックスを穿き、シワを伸ばす歩斗に、私はタクシーを呼び止めた時の出来事を思い出した。

< 79/ 201 >