ケータイ小説 野いちご

好きと言えない。―悪魔と恋―【完】

悪魔の超モテ期




一度、自宅に戻り、着替えてから出勤すると、何やら騒がしい。

課の前に、女性社員が集ってて、前に進めない。

…何で?

私は仕事会社のアナウンスとチャイムが掛かるまで、廊下で待つ事にした。



「嵯峨さんと別れたって本当なのー?」



「間違いないよー。ちゃんと、この耳で聞いたんだから!」



“嵯峨さんと別れた”?

…もしや、この人だかりは歩斗が好きな人?

私は「退いて下さい!」と叫び、道を開けさせた。

「何あの子」などと陰口が聞こえるけど、気にしてられない。

気になるのは、この人が居る理由。

確証を得たいんだ。

< 41/ 201 >