ケータイ小説 野いちご

緑茶カーテン

第1章
☆乙女なら



―――あれはきっと、桜の花びらを見なくなった頃。




「出たよ~緑(みどり)の妄想コーナー!!」


いつも通り、親友・きーちゃんこと、仲村希彩(きさ)とガールズトーク中。



「な、なにその命名!乙女なら誰でも想像するでしょ」

「ふふふ…………乙女って…………ぶはははっ」



この子は"失礼"って言葉を知らないのだろうか。



「ゴメンゴメン。嘘だよー!ね?ね?」

「ニヤニヤしながら言われてもな~?」

「ごめんってば。緑がカワイイからいじっちゃうだけだって!」



私の何倍も美人な、きーちゃんに言われても説得力がないけど。





だって今の私には妄想でしかトキメキを感じれないんだから。

だからかな。長く続いた恋ってのを、一度もした試しがないのだ。





< 1/ 37 >