ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

意地悪なマスク。

LOVEMASK1
むかつくアイツ





「きゃはははは!!!実亜の隣代宮くんな「声が大きい馬鹿怜香!!」



今は10分休み。

私の席まで来た怜香は、私の隣を確認して何故か大爆笑。


幸い隣の人は席を立っていて、教室にはいないけれど…





……し、視線が痛いっ!!




「怜香のせいで超見られてるよ!!」

「ん〜?みんな実亜が可愛いから見てるのよ」


「…………」






…馬鹿にしやがってぇ!!





「しかし実亜、あんた厄介な奴の隣になったね」

「……厄介?」





…あの根暗もどき(私の中のあだ名)厄介者なの!?



「真面目そうに見えて、サボり魔だし。大体見るからに怪しいでしょ?…学校であいつの素顔見た人はいないって噂まであるのよ?」




……やっぱ風邪じゃないのか!!



一日中マスク…
いや、下手したら一年中マスク!!


「えぇぇ!!!!!!完璧に不審者じゃん!!!」


「でも『クールでカッコイイ』って言ってる子も結構いるわよ」

「嘘!!!」
「ほんと」


「……どの辺がクールでカッコイイの?」





「…………」
「…………」
「…女子と喋らない所」








絶対嘘だ。


< 7/ 8 >