ケータイ小説 野いちご

ねぇ、こっち向いて?

おまけ。





どうも、一応初めまして。
雅希です。


なんかどっかの誰かさんが、
可哀想な俺の話を持ち出して来やがったので、仕方なく登場。


……まぁ、
俺に拒否権はない訳で。



てか、それが一番可哀想じゃね?

どっかの誰かさんが、俺を一番可哀想にしてるんじゃね!?




……文句は山ほどありますが、俺は馬鹿ではないので話を先に進めましょう。








今は真夜中。


7月7日に日付が変わって一時間ほど経過中。




俺の腕枕で眠るのは、“幼なじみ”であり“彼女”の美世。




ついさっき、16歳になったばかりなお子様。





< 58/ 70 >