ケータイ小説 野いちご

年下なアイツ~天の邪鬼なアタシ~

♥1年文系女子♥





今は5月下旬。


暖かいは風が吹く季節。

そして、


梅雨が近づきます。

あ、あと

体育祭も近づいてくる

っけ・・・


―――――--…
――---




「あぁ~ポカポカ~」
「でも、あと少しでじめじめだよ」
「もー!夢を壊さないでぇ!」

佳澄とお昼を食べながら
意味もない話をする。

「あ、神崎君だ~」
「え?」

そんな中、

屋上のドアが開き、

「マサキ」

が入ってきた。

「あ、杏探してたんだよ~」

「何の用・・・ん?」

そして、

マサキの横に、

「誰?」

「あぁ、同じクラスの」
「は、初めまして!
一瀬緩奈(いちのせ かんな)です!」

その女の子は

黒い髪を二つに結び、
赤ぶち眼鏡で、
長いスカート・・・

簡単に言うと、

じみ子?

< 46/ 83 >