ケータイ小説 野いちご

汚れた天使

†嘘の世界
偽愛
















アルコールと女の香水の匂いが混じり合い独特の香りが漂っている店内。





「琉依く〜ん、早くこっち来てぇ〜♪」





既に酔っ払った様子の女が俺の方を見つめながら手招きしている。





俺の本名は柳瀬 凌。





琉依(ルイ)というのはこの店での俺の名前で、いわゆる源氏名と呼ばれるもの。







俺は自分の本当の名を捨てて琉依としてずっと生き続けている。






「由里子さん、今日も来てくれたんですね。嬉しいです」


「だって毎日、琉依くんに会いたいくて仕方ないんだもん」





この由里子という女は、某有名企業の社長を夫にもつ大事な客の一人。





ほぼ毎日店に来ては俺を指名して高い酒を飲みまくった後、酔い潰れながら帰っていく。





「今日もいっぱい飲んじゃうからね〜♪ 高いお酒でも何でもいいから沢山持ってきちゃって〜」





すっかり上機嫌になった女は、近くにいたボーイを呼びつけて様々な高価な酒を注文していった。



























< 5/ 150 >