ケータイ小説 野いちご

汚れた天使

†嘘の世界
歓楽街













都心とは全く違う異様な雰囲気をもつこの派手な街は言わずと知れた沢山の店が立ち並ぶ、新宿歌舞伎町。




"眠らない街"と呼ばれるこの街はその名の通り夜になると活気づく変わった街だ。





学生、サラリーマンといった普通の人間が皆、早々と帰宅した夜中の街に輝くネオンの光が幻想的な世界を作り出している。











この街を行き来する人間は皆、水商売と呼ばれる仕事をしている。






金と欲望が渦巻く世界でただ懸命に…必死に生きている人々。




様々な理由を抱えて闇の世界で苦しみながらも必死に生きる為に皆働いている。






そんな闇の世界でホストとして働く俺もその大勢の人間の中の一人に過ぎなかった。



























< 2/ 150 >