ケータイ小説 野いちご

今カノの私と元カノの存在

※7※






――――毎週日曜日は実家へ帰るんだ。





シュウさんは付き合ってすぐそう言っていた。


だから会えるのはいつも土曜日。


それでもたまに会えない時がある。



それはシュウさんが友達と会う時。



束縛したくなかった。


友達と会うなら私と会って欲しいって言えなかった。


シュウさんは年上で。


彼なりの付き合いがあるんだから。



だから、そこまで踏み込んじゃダメなんだって。



ワガママを言って困らせたくないし。


重い女だって思われたくなかった。






< 79/ 208 >