ケータイ小説 野いちご

今カノの私と元カノの存在

※4※




「あーっ、もう最悪!」


「ど、どうしたんですか?」



昼休み。


アヤ先輩に近くの公園へ引っ張って来られた。



朝から不機嫌だった先輩は、いつもかけていない眼鏡をかけている。


その下の目は赤くて。


何かあったんだとは思ってた。



「取りあえずご飯食べよ!」


「あっ、はい」



空いていたベンチに2人並んで腰を下ろすと、膝の上に置いたお弁当を袋から取り出した。


お互い実家暮らしだけど、お弁当は朝、それぞれが自分で作る。


私はいつも通りお弁当を持っていたけど、アヤ先輩はコンビニでパンを買ってきたみたいだ。



何だか……


少しだけ嫌な予感がするな。






< 38/ 208 >