ケータイ小説 野いちご

私、悪人裁きます。 〜裁き系女子高生〜

裁きの時間

「おまえ・・・一体何を・・・」


香川の顔に冷や汗が流れた。



「私を倒すなら20人は
連れて来なかんわぁ。」


「・・・・・」


香川は今、理解した。


今までしてきたいじめなど、
潤子にとっては何でもなかったのだと・・・


それどころか自分がしてきた嫌がらせが
とても幼稚に思えて恥かしくなった。


「く、くそ・・・」


それと同時に潤子への怒りが湧いてくる・・・





< 90/ 125 >