ケータイ小説 野いちご

あなたへの愛を想いながら・・・ 〜第二章〜

新たな出会い

「何してるんですか!?」


「えっ!?」


その時、後ろから少し
怒ったような口調で
女の人に声をかけられた。


後ろを振り返ると・・・



「ひかり!?」


「えっ!?」


私がひかりの名前を呼ぶと、
女の人は顔をしかめた。


私の後ろに立っていたのは、
ひかりこと愛乃ひかりに、
すごく似てたから・・・


「ひかり!?」


「あっ、いや・・・
すいません!!」


私は慌てて謝った。






< 9/ 420 >