ケータイ小説 野いちご

あなたへの愛を想いながら・・・ 〜第二章〜

紅高校グランプリ
グランプリ候補を襲う魔の手

その頃、実亜が一人
校門を出ようとしていた。


「くそっ、遅れてもた。
早くいちごカフェ行こう。」


実亜が校門を出た時、
数名の女達が目に入った。


「んんっ!?」


実亜はその女達に近付く。



「おい、学校の前で何やっとんねん?」


女達が一斉に実亜の方を見た。


「なんやおまえ?」


一人の女が実亜に絡んでくる。




< 83/ 420 >