ケータイ小説 野いちご

大好きな人は男友達

友達宣言



くよくよ悩んだって、仕方ない。


そう思わなきゃ、ヒサシと友達ですらいられなくなる。


やっぱり、謝ろう。


コンパの夜、言い過ぎたのは私だから。


「本当は、直接会った方がいいんだろうけど…」

そんな勇気は出ず、携帯に手を伸ばす。


「出てくれればいいな…」


ドキドキしながら、ボタンを押した。





< 116/ 187 >