ケータイ小説 野いちご

【完】貴方が居たから。

恋に落ちた瞬間。
運命の悪戯




「あ、これ美味しい!」



お店に着いたら、予約してくれていたのか、料理がセッティングされていた。

飲み物もすぐに来た為、隣にいる梢が笑顔でモリモリと食べてる。

紀斗さんたちは、ビールを呑みながら、ひじきや野菜が入った五目卵焼きを肴(さかな)にしてる。



「椎都さん、いつもありがとうございます」



私も紀斗さんからお裾分けして貰ってると、オーナーさんが現れた。

まだ26歳で、大学時代の先輩・後輩の間柄らしい。



「大繁盛だな!味が格段に上がったし!」



「ご紹介がまだでしたが、料理長が先月から変わりまして」



満足そうな倉木さんに、オーナーさんは「連れて参ります」と頭を下げる。

< 71/ 200 >