ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【完】貴方が居たから。

恋はしない筈だった。
涙が溢れる




―――翌日の18時、私は約束の場所へ来た。

おめかしなんて、よくわからない為、髪型はポニーテールをほどき、ストレート。

服装は、白いキャミタイプのマキシ丈ワンピ。

小花が散らばり、可愛い。

足元は茶色のグラディエーターサンダル。

メイクはした事がないから、何もしてない。



「ふぅ…」



これで大丈夫だろうか。

家で何度も鏡を見たけど、着いても着替えるべきか迷う。

オシャレをこんなに気にかけたのは今までなかった。

ジャージで買い出しに行けるような人間だし。

人目なんて関係なかった。

< 21/ 200 >