ケータイ小説 野いちご

【完】貴方が居たから。

恋はしない筈だった。
不思議な男




結局、私が折れた。

財布にお金を戻し、こちらに向き直った彼と目が合う。



「用があるんちゃうの?」



「ありますけど…」



“私だけじゃ意味がない”…
その一言は言えない。

てか、言わない。

無関係な人だし、ここで2時間は待つしかない。



「落とし物でもしたん?」



…どちらかと言えば、拾い物。

何て、ここに兄貴が居たらキレそうだ。



「別に…」



目を逸らし、花壇に腰を掛ける。

向日葵の種が植えられてるらしく、夏が来てると教えてくれる。



「…望月さん?」



「はい…;;」



俯いてた私の前に、今は会いたくない人が現れた。

< 11/ 200 >