ケータイ小説 野いちご

【完】貴方が居たから。

恋はしない筈だった。
強引な友達




私が嫌いなモノ。

家族。

人付き合い。

そして、恋。

1人で過ごすのが何よりも好きだった。

煩いのや、喚く人間が嫌で、人間を避けて来た。

病院だって、本当にしんどい時だけ。



「ごめん、行かない」



望月憂愛、17歳。

自分でいうのもなんだけど、何事にも動じない。



「えー。ま、今回は強制参加だから!」



「は?」



…あり得ない。

今は放課後。

友達の豊田梢ートヨダコズエーに呼び止められたと思えば、合コンの誘い。

人数合わせだろうが、相手が良かろうが、私を誘わないで欲しい。

< 1/ 200 >