ケータイ小説 野いちご

秘書の悩み

今日もまた…



「広瀬」


「はい」


貴方にこう呼ばれるのはもう何回目だろうか。


そして私もまったく変わらないトーンで返事をするのは何回目だろうか。


「この資料、まとめておいてくれ」


「はい」


彼の名は、工藤 修二(くどう しゅうじ)


彼は、大企業の社長の息子、つまり時期社長。私は、現社長の秘書だったのだか、彼が海外留学から帰ってきてからは何故か私は彼の秘書(実際には世話係り)を約二年程勤めている。


それ以下でもそれ以上でもない。



< 1/ 15 >