ケータイ小説 野いちご




「気をつけて帰るんだよ」



「わかってる、じゃあまた来るね」




私はそう言っておばあちゃんの家を出た。







電灯など少なく、暗い夜道を一気に駆け抜けた。




そして、三つ目の角を曲がった時だった。


私はいきなり白いに光に包まれた。














錆びついた、ブレーキ音が鳴り響く


どん、と聞き慣れない鈍い音が鳴り、じわりと痛みが広がっていき私は宙へと放り投げられた。












ーあぁ、ほんと私ってほんとついてないな





いつもこんなところ車なんて通らないのに

いつもは歩いて帰るのに


いじめられて、家庭は複雑で、本当についてなくて短い人生だったな



















細く開けていた目を私はそっと閉じた。











< 9/ 264 >