ケータイ小説 野いちご

rain×rain【完】

第一章【神に捨てられた日】
いつまでも変わらぬままで、




「…と言うわけで、剣を教わっていただけなんです。」


私は先ほどの体勢についてきっちりと原田さんに説明をしていた。



「ほーぅ?」


原田さんは怪しげな笑みを浮かべてこちらを見ている。



「ちょっ、原田さんっ!!
斉藤さんも何か言ってくださいよー」



斉藤さんに助けを求めた。


「うむ…左之、俺の女性のタイプは見垣とは全く異なっている。」



「そーですよね…。ってそうじゃなくてぇっ!!」


斉藤さんまで…

もぅ何を話しても無駄なようだった。



はぁぁぁぁぁ…

長く重いため息をついた














< 75/ 264 >