ケータイ小説 野いちご

rain×rain【完】

第二章【そして世界が変わった】
夜が明ける




「ねぇ左之さん…沖田さん、生きてるよね?」


私は隣で横たわっている沖田さんを見ながら言った。



「生きてるよ。ちゃんと息してるだろ」



左之さんは半分呆れたように私を見つめた


沖田さんの胸にそっと手をあてた


トクン...トクン...



規則正しい振動が伝わってきた。


喀血…



私は『お父さん』を思い出した。


だってよくお父さんもなっていたから。


私には一つの病が思い浮かんだ。











ーーー肺結核












< 203/ 264 >