ケータイ小説 野いちご

rain×rain【完】

第二章【そして世界が変わった】
あの日の事件




「主人はおるか!?会津藩お預かり新撰組だ!!
ご用あらためであるぞ!!」



近藤さんは大声を上げながら店に入った。


僕と平助、新八も近藤さんと同時に店に入った。


さっきまで明るかった店内の灯りが消えた

「わざわざ討ち入りを大声で知らせちゃうなんて…」


僕は、はぁっとため息をついた。


「近藤さんらしいじゃねえか。正々堂々とってのが新撰組だろ?」



そう言いながら新八さんは刀を生き生きと振っている。



ま、近藤さんらしいから仕方がないか…。












< 182/ 264 >