ケータイ小説 野いちご

rain×rain【完】

第一章【神に捨てられた日】
激動の時代へ




「んっ…。」



木の天井が、見える。








「あ…れ、私ー…?」




まだはっきりとしない視界で私は目をキョロキョロとさせ、周囲を確認する。








「おや、目が覚めたのかい?」



そう言って見知らぬおばさんが急に私の目の前に現れた







「き、きゃぁっ!!」





私は急なことに驚き、起き上がった。






「そんなに驚かなくても…せっかく助けてあげたのにさ…。」


おぼさんは、どうやら少し傷ついたようで、ため息をついて俯いた。








…えっ?





助けた?










< 10/ 264 >