ケータイ小説 野いちご

バックアップ

ダウンロード

「大変お待たせしました。以上で手続きは終了です」
携帯ショップの女性が、朋義(ともよし)にそう告げた。



「ありがとうございます」小さなお辞儀をして、朋義は携帯ショップを後にした。



遡ること、一時間前。
学校帰り、一人ぶらぶらと街中を歩いていた。朋義は携帯電話で時間を確認しようと、ポケットから携帯電話を取り出した。
しかし、携帯電話の画面は真っ黒で、どのボタンも反応しない。電池パックを取り外し再度セットしても、何の変化もない。今朝、充電を満タンにしたというのに。

すぐさま、朋義は近くの携帯ショップに駆け込んだという訳だった。

< 1/ 9 >