ケータイ小説 野いちご

霊感少年とメリーさん

◆第2章◆
ようこそ!G.S.Sへ




真っ暗なトンネルの中、トンネルの壁には無数のろうそくがあり、足下が薄明るく照らされる。


トンネルは左右壁に囲まれ、幅は横に3人肩を並べて歩けるギリギリの幅。


そんな狭い中、陽一はひたすら階段を下り続ける。


相変わらず、メリーは浮いてる状態で、陽一の前を進み続ける。時々、メリーは、陽一の様子を伺いながら後ろに振り向く。


『大丈夫?』


メリーは、陽一の様子がおかしい事に気がつき、心配そうに問い掛ける。


「あぁ。大丈夫……じゃあねぇよーー!異常すぎるだろ!この長さ!

俺を何処まで連れて行く気だよッ?!

てか、お前はいいよな!浮いててよ!」


中々、G.S.Sに着かないので、陽一はぶち切れ、メリーに八つ当たりをする。


陽一たちは、どれくらい進んだのか分からなくなるぐらい進んだ。まだまだ先が見えず、陽一は溜息をつきながら肩を落とす。


『元々、このトンネルは幽霊専用だったから、階段なんてなかったのよ』


「じゃあ、何で作ったんだよ?!」


メリーの言葉に矛盾を感じ、陽一は言い返す。


『特殊能力を持つ人が増えたからよ』


「それと、どう関係があるんだよ?」


陽一は見当がつかず、メリーの発言に首を傾げる。



< 71/ 109 >