ケータイ小説 野いちご

霊感少年とメリーさん

◆第1章◆
俺の平凡な日常を返せ!



-------


《ピピピピ--♪》


翌朝。陽一の部屋では、目覚ましがうるさく鳴り響いた。


もう朝か…。


陽一は、眠たい目を擦りながら目覚ましを止めた。


ドタバタ--バン!


「陽一!朝よ、起きなさい!」


陽一の母親が、勢いよく扉を開けた。


「…………おはよう」


「あら、先に起きてるなんて珍しいじゃない」


陽一の母親が、驚くのも無理もない。


陽一は、低血圧なので寝起きが悪い。


いつもなら、母親に起こされて10分後に起きてくるので、早めに起こされている。


「せっかく早く起きたんだから、着替えて下に降りて来なさい」


陽一の母親は陽一に言い残し、下に降りていった。


陽一は着替えて、下に降りていった。





< 16/ 109 >