ケータイ小説 野いちご

霊感少年とメリーさん

◆第1章◆
出会い




ダンーーーーー!


バシバシと竹刀がぶつかり合う音と、足を踏み込む音が道場の中で響き渡る。周りに居る者達は、緊迫した表情で見つめる。


彼らの見つめる先には、1対1の真剣勝負をしている者が居た。1人は相手に隙を与えまいと攻め続け、1人は一本取られまいと必死に防御をしている。


攻撃側の容赦ない責めに、防御側は攻撃に耐えるのに精一杯。しかし、防御側は徐々に体力を削られてしまい限界がきていた。


ドッ!


防御側が一瞬の隙を見せてしまった為、攻撃側に面を一本を取られてしまった。


「一本!織原 陽一(オリハラ ヨウイチ)の勝ち!」


審判のかけ声と同時に礼をして、陽一は面を取る。


「古池。攻撃の時は悪くなかったが、防御が甘い。それと、相手に隙を見せるな。分かったか?」


「はい!ありがとうございました!」


後輩の古池は、陽一に深く礼をして自分の場所に戻っていった。


「厳しすぎないか?部長さん」


そんな陽一に、先ほど審判をしていた短髪の少年が呑気に話しかける。


「先輩が言ってただろ。“情けは無用”だって」


陽一は防具を外して頭に巻いていたタオルを取り、新しいタオルで汗を拭きながら答えた。


「さすが、陽一。先輩と尾坂先生から、部長と大将を任されるわけだ」


先輩が引退をしてから、陽一がこの剣道部の部長を務めている。


そして、試合の時も大将を勤めるほどの実力があった。




< 1/ 109 >