ケータイ小説 野いちご

月と太陽の事件簿16/さようならの向こう側

イェマント氏病

その日の昼食を終えて、窓を眺めた。

今日は天気がいい。

風もなさそうだ。

あたしは松葉杖を手に取ると屋上へ向かった。

そこにいるという確信はなかったけど、屋上のドアを開けてみる。

多江さんは、いた。

昨日と同じく、ベンチに座っていた。

携帯をいじっているのも同じ。

「隣、いいですか」

遠慮半分の口調で訊いてみた。

多江さんは顔を上げると笑顔でうなずいた。

「座って」

あたしは多江さんの隣に腰を降ろした。

「彼氏さんとメールですか」

「そうよ」

「仲いいんですね」

「旭さんは恋人いないの?」

透明な笑顔で言われて、あたしはドキリとした。

同性相手に胸を高鳴らせてどうするッ。

「彼はいます」

そうそう、あたしは彼氏持ち。

美人相手に胸をときめかせてる場合じゃない。

「彼と連絡とったりはしないの?」

多江さんは自分の携帯を小さく掲げた。

「えっと…」

返答に困った。


< 27/ 166 >