ケータイ小説 野いちご

月と太陽の事件簿16/さようならの向こう側

屋上の女(ひと)その2

「お忙しいところ申し訳ありません」

達郎兄ちゃんが頭を下げると、2人の看護婦さんは会釈を返した。

1人は高森さん。

もう1人は昨夜、藤上先生と一緒に病院内の捜索にあたっていた鈴木さんだ。

どちらも勤務中にも関わらず、無理を言って、ここ(あたしの病室)に来てもらった。
…まぁ正確に言うと、達郎兄ちゃんがお願いしたら、高森さんが鈴木さんを引っ張ってきてくれたって感じなんだけど。

それにしても偶然ってあるのね。

鈴木さんは、和夫さんの自殺騒ぎの時に声をかけた、あのぽっちゃりした看護婦さんだったのである。

「まず鈴木さんの方からお話を伺ってもよろしいですか」

「は、はい」

達郎兄ちゃんにそう訊かれ、鈴木さんはうなずいた。

だが、おどおどしているのは明らか。

無理もない。

警察以外から事情聴取を受けるんだもの、何だと思ってるはずだ。

「昨夜、鈴木さんは藤上先生と行動を共にされていたそうですね」

「はい」


< 126/ 166 >