ケータイ小説 野いちご

月と太陽の事件簿16/さようならの向こう側

入院が決まりました

「いいですね、向こう半月、果穂里を病院から出してはいけません」

「はい」

和服姿の麻砂女お婆ちゃんが、判決を言い渡す裁判長のように宣言すると、お母さんは殊勝な態度でうなずいた。

「大げさだよ!」

あたし旭果穂里は口を尖らせて抗議した。

「自宅療養で充分だって!」

「いけません」

お婆ちゃんはあたしをキッ、とにらみつけた。

「貴女のようなお転婆は、しばらく大人しく過ごす必要があります」

「一体なんの根拠があって…」

あたしはそう言いかけたが、これ以上はムダだと思い、口をつぐんだ。

司法一家に生まれ育ち、都内のバカでかい家に住む、身内で一番の権力者である麻砂女お婆ちゃんには誰も逆らえない。

『なんでこんな事に…』

心の中で、そうタメ息をついた。


――――――――――


あたしは今、ジャージ姿で病院のベッドにいる。

右足にはギプス。

こんな姿になったきっかけは昨日の放課後。


< 1/ 166 >