ケータイ小説 野いちご

女装彼氏。短編

②それあたしのなんだけどぉ~…

―…路上チュウのせいで顔が暑いあたしは、結局、その熱が冷めることなく教室に着いた。

「真緒~、おはよ☆」
「また服のこと教えてぇ~♪」

…教室の扉を開けた途端、この黄色い歓声。

みんな、マオが男だって知ってるはずなのに。

女装好きな変態男子だって知ってるはずなのに。

…なにより。

「あたしたちが付き合ってるの知ってるくせに…。」

なんでみんな、可愛いマオにメロメロなんですか!?

しかも、マオはなぜ笑顔でその輪の中に入る!


< 6/ 19 >