ケータイ小説 野いちご

女装彼氏。短編

③真緒ならなんでもいい///

「へ、ちょ…どうし…」

「ちょっと、いろんな意味で休憩。」

ウィッグを外して唇を擦って…
マオが真緒に戻っていく…。

なんだか、調子狂っちゃうよ。

直視できなくて、思わず俯いた。

「ア~メ、顔上げて。」

「…やだ。」

だけど、すぐに真緒に捕まる。

「逃がさねーよ?」

「ちょっ…んん…ッ!」

強引に、キスされた。

角度を変えて何度も口を塞がれるからか、頭が痺れてくる…

うまく頭が回らないよぉ…。


< 11/ 19 >