ケータイ小説 野いちご

ヤキモチなんて、全然美味しくないしね。



電話に出ている彼を、遠くに見遣る。

背の高い君。

なんの電話かな、気になるな。

あ、笑った。

全くもう、可愛いなぁ。

そのアヒル口、超好きなんだけど。

しかし、その笑顔を向けられた電話先、ずるいな。

女の子だったら、嫌、だな。


別に気にしてないけどね。

なんて拗ねてみる。


コーヒーをひとくち。

にがい、にがい。


早く、電話終わんないかなぁ。


テーブルの上に突っ伏する。


君の心はどこにあるんだろうね。


.

< 1/ 2 >