ケータイ小説 野いちご

君と私とときどき君と

私、何もしていませんよ。
ここは新撰組屯所です。







「ささ、入ってください。」



「わかってますって。あ、ちょ、押さないでください!」



「土方ァァァァ!!土方はいますかァァァァ!」




屯所にはいるなり、男の人は手をメガホンの形にして大声を上げる。
すぐさま実瑠は耳に手をあてる。



「総司てめェェェェェェ!上司を馬鹿にするのもいい加減にしやがれ!!!」



そういって走ってきた土方と呼ばれた人は、先ほどの男の頭を叩く。




「あ、総司さんていうんですかー!苗字ってなんていうんですか?」



「沖田ですよ。気軽に沖田様とでも呼んでください。」



「ぜんっぜん気軽じゃないよねそれ!!!むしろ上下関係定着?!」




「で。総司誰だコイツ。」



「指ささないでください。」



実瑠は土方という男を露骨に睨む。



「ああ、道端で拾ってきた変な人ですよ。」



「私は捨て犬か?!シバくぞおのれえええ!!!」




「で、誰だこいつ。」



「だから道端で」


「名前は?」






< 12/ 61 >