ケータイ小説 野いちご

いじめられっ子と物の怪憑き少女

8章 朝から妙にうるさい誰か(これあたしの幼馴染み)





「ふあー」



“お前は女じゃねーだろ”と、突っ込みたくなるような大口を開けて、あくびをしならがらの登校。



やっぱり眠いなー。



なんて事を思いながら、ボーっと歩く。









昨日の入学式は、出ていなかった事がばれてなかったようで、怒られなかった。



まぁ怒られたってかまへんねんけど。






< 47/ 54 >