ケータイ小説 野いちご

セカンドラブ

義母がやってきた




年末年始あたしは神戸で過ごした


もちろん母には父さんの女の人と会ったのなんて言ってない


「うまくやってる?」


と 聞かれて


「もちろんよ」


と 答える私








正月4日あたしは家へと帰った


帰った家には和子さんが居た


「穂香ちゃん おかえり」


「来てたんですか?」


「おう 穂香 座ってくれ」


何?いきなり・・・



< 66/ 217 >