ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

If〜桜龍の彼等〜【完】

「信じる」という事

「ルナちゃん時間大丈夫?門限とか…」


マサタカに言われ、ポケットに入ったままになっていた携帯を開く


PM11:30−−


「あ…

門限とかはないけど…

そろそろ帰りたい…かな」


「わかった、送ってくからすぐに車用意させる」


「えっ…あの…」


送らなくていいって言おうとしたのに、マサタカはすぐにどこかへ電話をかけた−−


一言二言話しただけなのに「準備させたから行こうか」とにこりと笑った


仕事が早過ぎる…−−




< 82/ 824 >