ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

If〜桜龍の彼等〜【完】

桜龍の彼等

「私、そろそろ教室戻るね」


もうすぐ1時間目が終わる

次の授業からは出ないと…


「え〜もう少しいいじゃん。

もっとルナちゃんと話したい」


レンが小さい子みたいに駄々をこねる−−


「レン、いい加減にしろ」


タクトの低い声にレンがシュンとなる


「わかったよ…。

じゃあさ、昼休みここで一緒に食べよ?

それならいいよね?」


「わかった。

じゃあ昼休みにね」


レンと約束をし屋上を後にした−−




< 48/ 824 >