ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

If〜桜龍の彼等〜【完】

揺れる心

パスタを食べ終わるとマサタカはすぐに部屋から出て行った−−


レンとスイはテレビゲームを始めた


その姿はやっぱり双子なんだと思うくらいそっくりだった−−


「何かいいなぁ…」


自分でも気付かないくらい自然と出た言葉だった−−


だからタクトに「何が?」と聞かれ驚いてしまった


「いや…兄弟っていいなぁと思って…。

高校生になっても、同じチームに入ったり、あぁやって一緒に遊んだり…仲がいいなぁと思って」


「ルナちゃんは1人っ子なの?」


「え?まぁ…うん…」


「そうなんだ」


ミズキは私の顔を見て少し不思議そうな表情をしたけど、それ以上聞いてくる事はなかった−−




< 117/ 824 >