ケータイ小説 野いちご

夜をすり抜けて



朝、目覚めると毛布が掛けられていて、目の前がパァッと明るくって真っ白だった。


わ、桜…!


一瞬、天国かと思った。


3月半ばでいきなりこんなに満開なんだもん。


昨日までどこにも咲いてなかったよ?


トラックは桜並木の真ん中に駐車していた。



運転席に樹はいない。


車を降りて花びらの上を歩いて行くと、樹は洗車に使うスプレーを噴きかけて、わたしの学生鞄を拭いていた。



「樹?」


声をかけると彼は顔を上げる。


「お、よく眠れたか」


「うん」


「おはよ」



桜の下で、樹がニコニコって笑った。


< 117/ 163 >