ケータイ小説 野いちご

白いジャージ7 ~先生とプールサイド~

第2章
嘘【先生目線】





-嘘- 【先生目線】




とても月が綺麗な夜だった。



夜風が俺と直の頬をかすめていく。






どうしてだろう。



どうして言えなかったんだろう。




どうして・・・・・・


嘘をついてしまったんだろう。







「バーベキュー、楽しそう!!畑中君も、どうせなら水谷先生誘えば良かったのに。まだ好きなんじゃないのかな」





無邪気にそう言った直に、俺は何も言えなかった。



黙って、頷くしかできなかった。






どうしてだろう。




別に・・・・・・隠すことでもなかった。




ひとつ嘘をつけば、そこから嘘が広がっていくことを知っているはずなのに。





隠しごとは、絶対にしないと・・・・・・


誓ったはずだったのに。






< 70/ 366 >