ケータイ小説 野いちご

白いジャージ7 ~先生とプールサイド~

第1章
桜の下で




-桜の下で-




透き通るようなブルーの空。



いつか見たような空。



色エンピツで線を引いたような白い雲。







桜の花びらが舞い散る。


淡いピンク色。






「もう桜も終わりか・・・・・・」




川べりの石の階段に腰掛けた先生が、飛び散る桜を見上げる。




小川に流れる桜の花びらもまた美しい。




流れる花びらを見つめる先生は、花びらに卒業した生徒の面影を重ねているように見えた。




微笑んでいるのに、どこか寂しげなその表情が、何とも言えず愛おしい。





「卒業、寂しいね」




私がそう言うと、先生は黙ったまま首を少し上下に動かした。



先生は、教師で・・・・・・学校にはたくさんのかわいい生徒達がいる。



先生の生徒だったからわかる。


先生は、毎年どんな気持ちで生徒を見送っているのか。




卒業は“おめでとう”って言わなきゃいけないけど、先生は寂しい気持ちもあるんだよね。







< 1/ 366 >