ケータイ小説 野いちご

道摩の娘

巡逢其夜

 言葉通り、晴明はその翌日から陰陽寮に泊まりこんでいる。

 だからといってとくに変わったこともないのだが、…寂しいような気がしないでもない。

 しかし、晴明不在のためか、りいに任される雑用が増えたのは万々歳である。

 りいは嬉々として買い物や文の使いをこなしていた。

 市での買い物はりいの仕事になりつつあるが、あれ以来藤影が騒ぐというようなこともない。

 市の気配のことはほぼ忘れかけていた。





 その日真鯉が申し訳なさそうにりいに頼んだのは、晴明の着替えの配達だった。

「なにぶん多いものですから、術で運ぶのも大変ですし…主様から、りいさんに頼むように、と文が来たのです」

「構いませぬ」

 りいは恐縮する真鯉に微笑みかける。

 一度くらいはかの陰陽寮というものを見てみたかったのだ。

 何でもいいから仕事をくれようとしたのだろうが、晴明の指名は色々な意味でありがたい。

 心中で晴明に礼を言ったりいだったが、真鯉が持ち出した包みを見て絶句した。

 …申し訳なさそうにするはずだ。

 本当に服だけなのか、と疑ってしまう量だった。晴明がどれほど洒落者だとしても、この量はありえない。市で買い込んだ食材など話にならない。

「主様にお夜食でも、と思いまして、少々作りましたら嵩張ってしまって」

 真鯉の言葉に合点がいった。

 そう、真鯉は心配性だった。きっとこの中には陰陽寮の全員が食べられるくらいの、ものすごく豪華な夜食が入っているに違いない。

 だが断ることもできない。

「お、お任せください」

 りいは強靭な精神力でなんとか笑顔を作った。

 …これも修業、と自分に言い聞かせながら。

< 23/ 149 >