ケータイ小説 野いちご

シュガースパイス

甘く苦い体温


――…




「……っ…んっ…」




深く重なる唇。




薄暗く、静かな部屋。




ここは俺が住むマンションの一室。




俺は我慢できず、結菜を部屋に連れ帰ってきた。




「っ、…ぁ」




結菜の着ていたワンピースのファスナーを降ろし、首筋、鎖骨、胸元にキスを落としていく。




パサッと音を立てて、床に落ちたワンピース。




俺は自分が着ているシャツも一気に脱ぐと、結菜に覆い被さった。



雨に濡れた結菜の白い肌。




髪からも雫が滴っていて、いつも以上に色っぽさが増している。





< 74/ 90 >